初めての風俗嬢との出会い、思い出

私に、初めて彼氏ができた時の話です。

彼は、中学の時の、同級生でした。

 

中学時代には、同じクラスになったこともなく、名前と顔は、知っているだけの人でした。

彼とは、成人式の時に、再会しました。

 

成人式後の飲み会で、彼から、声をかけられて、その時に、初めて話しをしました。

どうして、話しもしたことのない人から、声をかけられるのか、疑問に思ったのを覚えています。

 

飲み会の解散となる時には、連絡先の交換をしようと言われ、断り切れずに、交換しました。

その後も、ほぼ毎日、何気ない内容の、電話やメールのやり取りが続きました。

当時、彼は大学生で、地元を離れて、生活をしていました。

 

 

 

ある日、彼が、日帰りで、地元へ帰ってくる、ということで、会うことになりました。

 

 

私も学生だったので、その日は、学校が終わってからの、夕方に会いました。

彼の住む所から、地元までは、電車で3時間かかるそうです。

 

 

会うのなら、時間に余裕がある日にした方がよかったのでは、と思いながらも、彼と再会をしました。

 

何気ない話しをして、時間は過ぎ、彼の帰る時間となりました。

帰る間際に、「好きです。付き合ってください」と、告白をされました。

 

 

その日は、私の誕生日でした。

 

 

 

彼は、成人式の日に、私と会って、一目惚れをしたそうです。

再開後の連絡のやり取りで、好きになり、告白は、私にとって、特別な日、誕生日にすることを決めていたそうです。

 

 

 

直接想いを伝えるためだけに、電車で、3時間もかけて、会いにきてくれました。

彼の気持ちも嬉しくて、彼のことを、もっと知ろうと思い、応えることにしました。

私に初めて彼氏ができました。

 

 

 

遠距離恋愛になりましたが、毎日、お互いに連絡を取り合い、学校が休みの日には、彼氏には会いに行っていたので、そんなにさみしいと思うことはありませんでした。彼氏とは、一緒に、スーパーへ買い物に行き、ご飯を作りました。
何を作っても、美味しいと言って、モリモリ食べてくれました。長野風俗・デリヘル情報 | 風俗ムーブ

また、ペアリングを買ったりもしました。

 

夏には、浴衣を着て、花火を見たり、お祭りに行きました。

 

 

冬には、クリスマスを一緒に過ごし、イルミネーションも見に行きました。

 

 

普通の恋人たちのしている事が、私にとって、初めての事ばかりで新鮮でした。

しかし、彼氏との、何気ない時間を過ごすのも、私は好きで、幸せな気持ちでいられました。

彼氏のことが、大好きです。

そんな彼氏と、結婚します。

私は、とっても幸せです。